日本酒。あなたの台所の追加食材

日本酒。あなたの台所の追加食材

 

日本酒(日本語では日本酒とも呼ばれています)と呼ばれるヘルシーで万能なお酒は、あなたのキッチンに欠かせないものです。日本酒の生産は2500年以上も前から行われています。それはきれいな水、良質の米、酵母、麹菌で構成されています。それはふすまを取り除くようにそれらを混合し、そのような量の時間のために発酵させます。

 

日本酒はワインと表現されていますが、醸造方法はビールと同じです。ワインとは対照的に、日本酒はアルコール度数がやや高く、香りは少なく、バランスのとれたまろやかな味わいが特徴です。さらに重要なことに、日本酒の原料にはブドウやベリー類は含まれていません。ワインとチーズやチョコレートのように、日本酒はどんな料理(食事やデザート)にも合うし、飲むことができる。

 

あ、一つだけ知っておいてほしいのは、日本酒とはお酒全般を指すということ。だから、もし本格的な日本料理店で日本酒を頼もうとしたら、目を細めるような目で見られてしまうことを期待してください。でも、今回ご紹介する日本酒は「日本酒」です。そこで、弘前野々庵による日本酒の情報シリーズをご紹介します。

風味の特徴:日本酒の種類

この体験をしてみたいという気持ちはわかりますが、基本的なことや日本酒の種類を知るための準備をしておく必要があります。日本酒は主に4種類ありますが、より良い情報を得るためにもう1種類を追加しました。

 

  1. 純米酒:お酒に澱粉や砂糖を加えておらず、純米だけを使用しています。
  2. 本醸造酒:醸造家のお酒が少量入っています。
  3. 吟醸酒:そのお米は精米度が高く、お酒が入っているか入っていないかのどちらかになります。
  4. 大吟醸酒:吟醸酒に比べてさらに精米したお米です。 
  5. ナマ酒。低温で保存されているものは低温で保存してください。 

 

この5種類に共通しているのは、「磨き」と「純米」という2つの基本的な考え方です。精米は酒造りの重要な工程の一つです。米は一粒一粒の表皮を取り除くため、わざわざ精米します。これがデンプンの生成であり、日本酒の原料となるのです。これは、米を磨けば磨くほど酒質が良くなるという考え方です。しかし、もちろん米の質にも要素があります。 

 

2つ目に考えるべきは、純米です。これは日本語で「純米」という意味で、米、水、酵母、麹菌という酵素を使って醸造されています。この5つは、どれだけ磨かれているか、どれだけ純米度が高いかで違いが出てきます。 

 

日本酒は柔軟性があります。日本酒を使った料理を食べてもいいし、日本酒を使った料理を作ってもいい。初めての方は、イカの干物、チーズ、牡蠣、ターボット、甘エビ、魚卵、もちろんお寿司も。 

 

日本酒。あなたの台所の追加食材

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *